「宅建の通信教育講座オススメ度ランキング ~Part2~」

さて、ここでは宅建の通信教育講座を費用の面から比較してみたいと思います。

通学コースと通信コースの両方を備えている本格的な資格予備校では、宅建の講座費用はおよそ10~15万円ほどです。

ですが、なかなか簡単に出せる金額ではないですよね。

そこで、手頃な料金なのがオススメ度No.1のフォーサイトです。

なんと、フォーサイトの宅建講座は3万円程度という廉価ぶり。

テキストの作成や印刷を外注せず、全て自社で賄っているため、このような価格設定が可能になっているそうです。

これは本当にお得だと思います。

また、オススメ度No.2のクレアールは約5万円程度。オススメ度No.3のユーキャンも同水準です。

フォーサイトが破格の安さなので、少し割高に思えるかもしれませんが、これもかなり安価です。

一生有効な国家資格がこの値段で手に入ると思えば、それほど「高い」とは感じないと思います。

テキストや講義の代金がすべて含まれてこの値段だということを念頭に置き、
気になった方は今すぐにでもホームページをチェックすると良いでしょう。

それでもまだ、気が進まないという方は、一度、市販の対策本を書店で見てみましょう。

膨大な量の参考書や問題集が存在することに驚かれると思います。

前提知識のない方がしっかりしたテキストを選び、それをやり抜くことが、果たして可能でしょうか?

やはり、任せるべきはプロフェッショナルだと思います。

そして、その「ノウハウを買うのだ」というつもりで、自分に投資をなさってみてはいかがでしょうか。

読者の皆様の賢明な判断を期待しております。そして、その参考の一助になれば幸いです。

This entry was posted on 2014年7月23日. Bookmark the permalink.